新型コロナウイルス感染拡大を受けて、世界中でマスクの需要が増えていますよね。

ドラッグストアを回っても、マスクの在庫がありません。

ようやく手に入れたそのマスク、正しい使い方できていますか?

今回は、マスクの正しい使い方と、手に入りにくい時に役立つ再利用の方法についてわかりやすく解説しています。

是非、参考にしてみてくださいね。

マスクの正しい使い方

マスクはあらゆる感染防止の役割として多くの方が利用しています。

感染という点以外にも花粉や埃から守るといった防御方法としても多く活用されています。

またはファッションの一部として若者にも使われることが多くなりました。

しかし、本来のマスクの正しい使い方を知り得た上で使わないとマスクから感染してしまい病気にかかってしまいます。

感染防御として使っていたマスクも感染拡大する道具でしかないことを理解しながら上手く付き合っていけたらと思います。

あなたのマスク正しく使えていますか?

マスクには使い捨てマスクや布製のマスクや業務用・医療用の特殊なマスクまで様々な場面で活用しています。

ただし、正しく使わないと意味がありません。

マスクはしていても鼻が見えて口だけに当てている方、顎にマスクを当てている方、マスクはしているけれどサイズアウトしている方、マスクがフィットしておらず空気が漏れている方、裏表が逆で使っている方・・・心当たりはありませんか?

マスクの正しい装着方法は購入した外袋に記載されているものもありますが、記載されていないものも中にはあります。

では、正しい装着方法を確認してみましょう。

マスクには裏表があります

案外知られてないマスクの構造、実は裏表があります。

プリーツ式やオメガ式などいろんなタイプがありますが、よく目にするのはプリーツタイプではないでしょうか?

正しく装着しないとウイルスや菌を受け身に捉えてしまって感染リスクが高くなってしまいますよ。

ちなみに、このプリーツ型を裏表・上下逆さまに装着してしまった場合、プリーツの溝にあたる部分が外面に来るようになってしまいます。

プリーツの溝に細菌やウイルスが落下し、その溝に溜まりやすく、不用意にそこに触れると媒介し自身も感染リスクが高くなってしまいます。

その手でドアノブや携帯などあらゆるところに触れるだけで他者も感染させてしまいます。

マスクで予防しているからと言って油断はできません。

マスクの正しい装着方法

あなたはこんなマスクの外し方をしていませんか?

マスクに守られていると思いきや、実はマスクが一番感染リスクの高い道具だと言うことをご存知ですか?

マスクの外布に付着している細菌やウイルスや花粉や埃と言ったもの全てが付着しているのです。

マスクを外す時に外布を触って外しているという方はこれを機に見直してほしいものです。

どこが清潔でどこが不潔なのかしっかりと理解して行きましょう。

マスクの正しい外し方

現在、コロナウイルスによってマスク不足が発生しています。

マスクを手作りする方もいれば私みたいに再利用しながら内側に当て布をして使っている方も多くいることでしょう。

中にはマスク自体がなくてそのまま過ごしている方もいらっしゃいます。

医療現場では3日/回という厳しい状況下でマスクを再利用しながら医療に当たっているそうです。

マスクを少しでも多く医療現場の頑張っているスタッフに渡って欲しいと願いながらもマスクを再利用して無駄のないように協力していけたらと思います。

守るべきは自分自身だけでなく自分を取り巻く全ての人に移さないこと・移らないことだと思います。

一人一人の意識がとても大事です。

私は、マスクを再利用していますが3回利用したら破棄しています。

再利用したとして効果があるのかと言ったら手揉み洗いしているので布繊維がほどけて効果は半減しているでしょうけど安心材料でもありますし、外出先で咳やくしゃみをされている方から直接飛沫しないので十分効果はあるのではないかと認識しております。

マスク再利用方法

<準備するもの>

  • ジープロック
  • 手袋
  • 界面活性剤(洗濯洗剤で十分だと思います)
  • 清潔なタオル

<再利用の手順>

  1. 外出から帰宅したら玄関先でマスクを外します。
  2. マスクを玄関先に準備しておいたジープロックに入れてチャックをします。
  3. 一度手指衛生とうがいを行います。
  4. 感染物に触れる時は手袋を着用し防御します。
  5. 1日で4枚程度使っているので袋いっぱいになったら手袋をして洗面所に持ち出します。
  6. ゆっくりとジープロックの袋を開けてマスクがひたひたになるくらいに流水に浸し界面活性剤入りの洗剤(洗濯洗剤を使っています)を少量入れます。
  7. 一般的な衣料用洗剤だと、水2Lに対して0.7gくらいが目安となります。小さいスプーンだと1/2くらいの量で十分です。
    洗濯洗剤は商品に書かれている使用量を確認してください。
  8. 袋を閉めてそのまま10分放置します。
  9. 10分後ゆっくり袋を開けて軽く押し洗いをします。この時、もみ洗いはしないでください。繊維を痛める可能性があるので軽く押し洗いをしていきます。
  10. 洗い終わったら、汚れた水を全て出します。ここでポイントなのがゆっくり水を流すことです。見えないウイルスや菌が他のところに飛び散ってしまうと感染リスクが高まってしまいます。
  11. 流水で洗剤が落ちるまですすぎます。
  12. 十分すすげたら水気を切っていきます。
  13. 袋から出してタオルに挟んで叩いて水気を取ります。
  14. 水気がなくなったら形を整えて日陰干しで自然乾燥させます。
  15. 次亜塩素酸入り(ジーア)をマスクに満遍なくふりかけて再度干す。
  16. 乾いたら再利用専用ボックスに入れていつでも使えるようにセットしておきます。

3回ほど利用したらだいぶよれてしまいます。

マスクはフィルターの役割があるので効果は半減してしまいますが、自宅にたまたまあったガーゼハンカチで当て布を作っておいたのでそれを当てながら再利用しています。

本来は1回/日の利用で破棄する事が望ましいので、どうしてもマスクがない時の参考してくださいね。